〒277-0843 千葉県柏市明原3-1-18

柏市のあけはら眼科|柏市|眼科|レーザー|ボトックス

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ
日本弱視斜視学会

診療案内

HOME»  診療案内

眼科一般診療

検査イメージ
  • 眼科一般
  • 視力検査・眼底検査・視野検査・眼圧検査
  • 近視・遠視・乱視・老視の眼鏡
  • 白内障・緑内障相談
  • 糖尿病網膜症
  • ものもらい
  • 結膜炎・角膜炎
  • ドライアイ
  • 斜視弱視検査
  • 視能訓練
  • ボトックス注射 ( 顔面痙攣、眼瞼痙攣 )
 

その他、日常生活の中で『目が疲れる』『黒い点が見える』など、見え方の異常や目のことで気になることがありましたら医師にご相談下さい。

糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の三大合併症(糖尿病網膜症・糖尿病腎症・神経症)の一つで、日本では失明原因の第二位となっています。

網膜は眼球の奥にあり、ものを見るために重要な部分です。この網膜には細かい血管が張り巡らされていますが、高血糖のため血液の流れが悪くなると網膜の血管には大きな負担がかかります。血管が変形したりつまったりするため網膜に酸素や栄養が不足するようになり、これらの不足を補うために新しい血管(新生血管)が作られますが、この新生血管は非常にもろく容易に出血を起こします。これが糖尿病網膜症の原因となります。
進行した場合には、硝子体出血を起こし、突然見えなくなったり、網膜剥離を起こしたりします。

※詳しくはコチラ

検査 糖尿病といわれたら、血糖コントロールのほか、定期的な眼底検査を受けましょう。
治療 レーザー光凝固、硝子体手術

白内障

白内障とは、眼の中のレンズ(水晶体)のたんぱく質が変性し、水晶体が濁ることで視力が低下する病気です。
白内障の原因で最も多いのは、加齢現象によるものです。60歳を過ぎる頃には多くの人が白内障であると言われています。その他、目の外傷によって生じる場合、ぶどう膜炎や内科的疾患に併発する場合などがあります。

検査 もやがかかったように見える
ぼやける、ダブって見える
光がまぶしい
ピントが合わない
治療 目薬による治療
白内障の進行を遅らせるもので、回復させるものではありません。
手術
視力低下が進み、日常生活に不自由を感じるようになってきたら手術を検討します。
※白内障が進行すると、痛みの少ない日帰り手術は難しくなります。医師に相談の上、適切な時期に手術を行うことが大切です。

緑内障

緑内障イメージ

緑内障は、白内障とならんで眼の病気の中で最も多いものです。
40才台以上では5%の有病率であり、早期発見・診断が大切です。

緑内障は一般に、眼圧(眼球内の圧力)の上昇にともない徐々に視神経がおかされ欠落して視野が狭くなっていき、最後失明にいたる場合もある疾患です。
本人が気付かないうちにゆっくりと視野が狭くなっていくため、発見が遅れるケースが多いのが特徴です。緑内障患者の80%が、病気に気づいていない潜在患者であるとも言われています。
通常の眼圧測定で正常値を示す正常眼圧緑内障も増えており、眼底検査、視野検査、角膜厚検査など総合的な診断を行い、治療を行います。

一度障害された視神経や視野は、残念ながら元に戻ることはありません。
早期発見・早期治療がとても大事です。

※詳しくはコチラ

治療 眼圧を下げるための治療を行います。
点眼薬、内服薬による薬物療法
レーザー治療
手術

ドライアイ

通常、眼は涙によってまわりの菌や異物から守られているのですが、その涙が減少して眼の表面が乾き、その乾燥によって眼が疲れたり痛んだりしている状態がドライアイと言われています。軽い症状なら少し疲れを感じる程度ですが、重い症状なら角膜までが傷ついて激しい痛みを感じたり炎症が出てきたりしますので注意が必要です。

原因 涙が減少する病気、薬の影響、エアコンなどがドライアイの原因になります。加齢、夜間、ストレスなどで涙の量が少なくなりドライアイになります。
パソコン作業に集中等してまばたきが少ない人、部屋が乾燥している場合、アレルギー性結膜炎の患者様は、ドライアイになりやすいのです。
予防と治療法 目の表面の乾燥を防ぐためにも、まばたきを意識的にするようにしましょう。パソコンの画面に向かって作業をしていると、まばたきの数が減っているものです。また、長時間のパソコン作業の際は、1時間したら必ず10分の休憩を入れましょう。この時、ある程度であれば目薬をさすのもいいようです。

冷暖房の効いている部屋では、エアコンの風が直接当たらないように注意しましょう。眼が乾きやすいので加湿器や濡れタオルを干すなどして保湿に注意しましょう。
PAGE TOP